ちりめんじゃこ、しらすの有限会社木嶋水産【産地直送の新鮮な釜揚げしらすや生ちりめん、美味しい干物をお楽しみください。愛媛県西宇和郡伊方町】

木嶋のちりめんが美味しい理由(ワケ)

木嶋水産のちりめんの特徴

Photo

木嶋水産のちりめんは、漁の中でも特に質・大きさの良いものを厳選し、たっぷりのお湯で茹で、釜揚げしらすにします。
作業するおばちゃん達も大変。でも、自然が創る素朴な味…これが本当に美味しいんです。
乳幼児から大人まで、どなたにも召しあがっていただける自慢の美味しさです。

美味しいちりめんができるまで

Photo

Step 1

2隻で網を引っ張る漁法「機船ふな引き(通称、ぱっち網)」でちりめん漁を行います。
「かもめ」が乗ってるブイより前がちりめんを追い込む網で、後が魚が溜まる袋になっています。

Photo

Step 2

本船と運搬船で3隻1組。
運搬船で袋だけを取り上げているところです。

Photo

Step 3

ちりめん以外の物をすくい、捨てます。
えさを求めて「かつお」などが群れてきます。

Photo

Step 4

氷水(海水)の入った船倉に魚を取り込み、鮮度を保ちます。身もしまり、日持ちも良くなります。

Photo

Step 5

水揚げ風景。量の少ない時は、コンテナに入れてトラックで工場まで。
多い時は、ポンプで吸い上げます。

Photo

Step 6

網に入ったちりめんは運搬船に引渡され、いち早く、おばちゃん達の待つ工場へ運ばれます。
木嶋のちりめん、ふるさとの味は、漁師達とこのおばちゃん達によって支えられているのです。

ちりめん豆知識

Photo

ちりめんとは小魚の総称で、かたくちいわしの稚魚が最高級品です。宇和海近辺では、ほっぺたが垂れる程美味しいので「ほおたれ(ほうたれ)」と呼ばれています。

他のいわしは、ほおたれとはいいません。生きている時は透明で「なま」と呼ばれ、湯をくぐれば真っ白な「釜揚げ白子」となります。それが乾燥すれば、クリスタルのような「ちりめんじゃこ」となります。

また、ほおたれは成長する段階でも呼び方(通称)が変わります。ちりめんに腹わたができると「かえり」。脱皮するという意味からです。
その後は大きさによって小羽・中羽・大羽いりこと呼ばれます。 生干しは「ほおたれ丸干し」と呼ばれ、軽くあぶって召しあがるのがおすすめです。

    【品揃え豊富!】オンラインショッピング
  • ちりめん・しらす
  • 開き・一夜干し
  • 贈答用
  • その他
  • 木嶋のちりめんが美味しい理由
  • お食事処 宇和海
  • 楽しい漁体験してみませんか?
  • 宇和海の漁師日記
  • 新着情報
  • 会社案内
  • アクセスマップ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • トップページへ戻る